元気になる情報誌 yomiっこ
yomiっこキャラクター ヨッピー
 
イベント - yomiっこ
日 時 4月1日〜6月30日の毎週土・日曜
集合9:00 出発9:30〜 解散12:00頃
イベント 古の雅と季節あふれる
奈良公園を歩く
集 合 奈良市総合観光案内所(旧JR奈良駅舎):9時
内 容春から夏へ、自然の移ろいを楽しみながら『奈良公園内を巡る』とっておきのコースを、ボランティアガイドがご案内します。
豊かな緑を楽しみながら、歴史の話に耳を傾けてみませんか。
料 金無料
TEL0742-27-9889
なら・観光ボランティアガイドの会/古の雅と季節あふれる奈良公園を歩く
makican
日 時 開催中 〜4月25日(水)
平日9:00〜16:30
土曜9:00〜12:00
イベント 巡回ミニ展示
古代と中世の食器
―土器の食器は使い捨て?―
会 場 奈良大学博物館
内 容平成26・27年度に奈良新聞に39回連載した「奈良を掘る」。
その記事に紹介した出土遺物の展示を通じ、その物からわかること、物が生み出された歴史的拝啓を紹介します。

第4回目は、「奈良を掘る」第30話「瓦器と土師器―使い捨ての伝統―」を取り上げ、奈良市内の発掘調査で出土した奈良時代から南北朝時代までの土器の食器を展示紹介します。

土器の食器セットは日常食器だけではなく、清浄性を重んじ、新品を用いる儀式用、仮器と考えられ、7〜8世紀、飛鳥・奈良時代に確立した土器の食器セットが奈良では社寺に受け継がれていったことを紹介します。
料 金無料
TEL0742-44-1251
奈良大学博物館/古代と中世の食器―土器の食器は使い捨て?―
makican
日 時 4月25日(水) 〜6月18日(月)
9:30から17:00まで
※入館は閉館の30分前まで
※金曜日は20:00まで
イベント 特別企画展
「堀田龍之助ー幕末・近代の大阪に生きた博物家ー」
会 場 大阪歴史博物館
内 容日本における博物館の誕生は西洋文化を取り込んだ明治時代に遡ります。
同時に、明治政府が推進した博物館建設は、それ以前の江戸時代に活躍した博物学者(本草学者)たちの遺産をふまえたものでもありました。
そして、各地で活動していた博物家と呼ばれる人々のなかには、地道な活動を続けた人物を大勢いました。
そんな人物のひとりが堀田龍之助(1813-1888)です。
幕末から明治の大阪で商家を営みながら博物学の研鑽を重ね、晩年には大阪博物場にも関わりました。
堀田は和歌山の博物学者・畔田翠山(1792-1859)らと交流する中で多くの知見を得ていき、翠山の著作をもとにした博物画を数多く残しました。
その堀田が所蔵していた博物学関係の資料(堀田コレクション)が、現在大阪歴史博物館に収められています。畔田翠山関連資料をはじめ、当時の博物学を知る上で貴重な資料が豊富に含まれています。
これらはたいへん博物館らしいコレクションであるといえるでしょう。
この展覧会では、堀田龍之助の旧蔵資料約100件を通じて大阪における博物学・博物館史の1ページをご紹介し、より深く博物館を知っていただく契機にしたいと思います。
料 金大人600円、高大生400円、中学生以下無料
TEL06-6946-5728
大阪歴史博物館/特別企画展「堀田龍之助ー幕末・近代の大阪に生きた博物家ー」
makican
日 時 4月27日(金) 〜7月1日(日)
9:00〜16:30(入館は16時まで)
イベント 2018年度春期特別展
「あすかの原風景」
会 場 飛鳥資料館
内 容飛鳥の集落を記録した明治から昭和時代の写真や地図を通して、建物や道路の変化、遺跡・公園整備などによって変わりゆく飛鳥の姿を紹介します。
料 金一般270円、高大生130円、高校生以下無料
TEL0744-54-3561
飛鳥資料館/2018年度春期特別展「あすかの原風景」
makican
日 時 4月27日(金)
(1)10:30 (2)14:00
イベント 映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」
会 場 文化パルク城陽 プラムホール
内 容「東野圭吾作品史上 最も泣ける感動作」、待望の映画化!
料 金900円(当日100Up)
※2歳以下ひざ上無料
※文化パルク友の会会員は当日も900円
問合せ文化パルク城陽
0774-55-1010
文化パルク城陽/映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」
makican
日 時 4月27日(金) 〜7月1日(日)
9:00〜16:30(入館は16:00まで)
イベント 春季特別展
「あすかの原風景」
会 場 飛鳥資料館
内 容飛鳥時代の遺跡と現代の農村の暮らしが一体となった明日香村には、「日本の原風景」とも言われる眺めが広がっています。
この歴史的風土を守るために人々が立ちあがってから、ほぼ半世紀が経ちました。
この間、村内では懐かしい農村風景が保たれながらも、集落の人工構成の変化や道路の開通、発掘調査の進展や遺跡の整備などにより、少しずつ景色が移り変わってきています。

江戸時代から近代にかけての飛鳥では、古代の石造物や古墳などが歴史家の注目を集める一方、飛鳥の小盆地とその周辺には、当時の日本では当たり前の農村の景色が広がっていました。
近代の地図や、昭和の発掘調査時に撮影された写真などからは、飛鳥ブームが巻き起こる以前の「あすか」の原風景がうかがえます。
今回の展覧会では、これらの地図は古写真などの貴重な資料をもとに、明治期から昭和中期にかけての飛鳥の集落の様子を紹介します。
この展覧会が、かつての村の姿をふりかえり、未来に伝えていく契機となれば幸いです。
料 金一般270円、大学生130円、高校生以下無料
TEL0744-54-3561
飛鳥資料館/春季特別展 「あすかの原風景」
makican
日 時 4月28日(土) 〜4月29日(日)
9:00〜16:00予定
イベント ヒノキの丸太から子供椅子づくり
会 場 山添村フォレストパーク神野山木工館
内 容 山添村内で伐採されたヒノキの丸太を割るところから始めて、基本手加工で子供椅子を作ります。
座面は熊本県産のイ草ロープを使います。
定 員各4組(事前予約制)
料 金1脚6,000円
問合せ山添村フォレストパーク神野山木工館
電話番号:0743-87-0124
MAIL:naramokkoukyoushitu@gmail.com
フォレストパーク神野山木工館/ヒノキの丸太から子供椅子づくり
makican
日 時 4月28日(土)
11:00〜17:00
イベント DEPP SOUTH PICKIN'PARTY 2018
会 場 あおはに 満天ひろば
内 容奈良県で開催されるブルーグラス音楽フェスティバル!
料 金無料
問合せDSPP実行委員会(担当:塩田)
電話番号:090-4764-3564 MAIL:js3ohh@mahoroba.ne.jp
あおはに 満天ひろば/ DEPP SOUTH PICKIN'PARTY 2018
makican
日 時 4月28日(土) 〜5月27日(日)
9:00〜17:00(入館は16:30まで)
イベント 創建1300年記念企画展
「佛法元興ー飛鳥から平城京へー」
会 場 元興寺・法輪館
内 容法興寺の遺産・元興寺への道程
料 金要拝観料 大人500円、中高生300円、小学生100円
問合せ元興寺文化財研究所
0742-23-1376(平日9時〜17時)
元興寺/創建1300年記念企画展「佛法元興ー飛鳥から平城京へー」
makican
日 時 4月28日(土)
13:00〜16:00
イベント アップサイクル手芸部vol.1 ブローチをつくろう
会 場 たんぽぽの家 六条山カフェ
出 演講師:塩谷龍平
内 容思いのまま、世界で1つの自分だけのブローチをつくりませんか?
定 員10名
料 金300円+ワンオーダー代
TEL0742-52-2012
たんぽぽの家 六条山カフェ/ アップサイクル手芸部vol.1 ブローチをつくろう
makican
?
 
makican
▲ページ最上部へ