元気になる情報誌 yomiっこ
yomiっこキャラクター ヨッピー
 
 
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
 
編集長のメッセージ 2010年02月号 - yomiっこ
yomiっこ 2010年02月号

節分特集 鬼くらべ
春待ち カルチャー特集
バレンタイン特集
梅だより 2010
平城遷都1300年祭
いよいよ平城遷都1300年が始まった。基本的には平城宮跡事業(4/24〜11/7)と、それ以外の県内での事業(1/1〜12/31)に分かれるわけだが、この祭りは、いわゆる今までの博覧会形式ではない。むしろ、県内の寺社がパビリオンであり、見えない空気が音楽のように人々を包む。そのメイン会場が平城宮跡という、奈良から発信する、博覧会の新しい形の提案といえるように思う。
宮跡では、完成したばかりの第一次大極殿の公開、平城歴史館となりきり体験館という2つのパビリオン、まほろばステージや常設レストラン、売店などが、4/24にオープン。ボランティアガイドによる探訪ツアー、衛士の交代も期間中毎日開催される。
重点的に力を入れるのが、春、夏、秋のフェアだ。その春のフェアで行われる「平城遷都祭2010」(5/1〜9)に私は深く関わっている。昨秋奈良市の事業仕分けにあがり、一時は廃止も覚悟した。そのようなことで、ここにきて、どこまで充実したものが出来るかわからないが、やりきるしかないと思っている。
とらえどころのない平城京。その圧倒的な威厳を感じさせるこの場所の魅力をどう伝えればいいのか…。思うにそれはこの場で感じていただくしかない。1300年間という時空と日本一広い都の跡、こんな場所、日本のどこにもないのだ。
そこに大勢の人が集まって、皆でお祝いをする。なんて楽しい幸せなことなんだろう。ワクワクした思い出を共有するために、皆さんで一緒に創るプログラムをいろいろ用意している。「1300人の天平行列」「1300人のボディドラム」「1300人のピースメッセージ」などなど。それに向けて、すでに多くのボランティアの皆さんに関わっていただき、力を結集して準備を進めている。
奈良の持つ本物を見て、感じていただくために、あなたもぜひ1300年祭を創る一人になってください。
 
 
makican
▲ページ最上部へ