元気になる情報誌 yomiっこ
yomiっこキャラクター ヨッピー
 
 
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
 
編集長のメッセージ 2013年01月号 - yomiっこ
yomiっこ 2013年01月号

初詣がいど 2013
発酵食のすすめ
うどん 必食13選
2002年、月刊誌「読売奈良ライフ」が「yomiっこ」に変わって10年が過ぎた。あっという間の10年、世界はめまぐるしく変わった。アメリカ同時多発テロに端を発したイラク戦争の勃発。2008年にはリーマンショックで世界的大不況に陥った。
日本では、小泉劇場に始まった2000年代、ヒルズ族などが生まれた一方、格差社会が進み、ネットカフェ難民などが話題となった。そのインターネットはツイッター、フェイスブックといったSNSが世界的に大流行。ここ数年でタブレット型携帯端末やスマートフォンはうなぎ登りの飛躍を見せ、ロボット技術の成長を見れば20世紀に夢見た未来が今や現実のものとなりつつある。
気になるのは天災だ。毎年のように日本及び世界のどこかが大規模地震に見舞われている。2011年の東日本大震災はいまだに復興はままならず、地震の上に原子力発電問題が大きな爪痕を残したままだ。
2013年、新たな政治体制で日本は始まろうとしている。環境問題、いじめが犯罪行為にまで進んでしまった教育問題、不況に苦しむ経済問題、小さな地球の中で争っている領土問題。社会保障と税の一体改革で揺れ動く福祉問題。考えればたくさんあるけれど、我々は大切なことをつい忘れそうになる。
東日本大震災で犠牲になられた方々のこと。我々は生きている、生かされているということ。その方々の分まで、命があることに感謝して生きなければならない。
yomiっこは、この10年でどう進歩したのか、役に立つ情報誌になったのかと言われると、ただただ反省ばかりである。ネット社会にどう柔軟に対応していくかが問われる時でもある。それでも手にして読んだら心が温かくなる、元気になる、日々の幸せをお伝えする、そうした目指すものの根っこだけはしっかりと持ち続け、今年も皆様の心に届く情報誌を届けていきたいと思う。本年もどうぞよろしくお願いします。
 
 
makican
▲ページ最上部へ