元気になる情報誌 yomiっこ
yomiっこキャラクター ヨッピー
 
 
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
 
編集長のメッセージ 2014年4月号 - yomiっこ
yomiっこ 2014年4月号

春らんまん 花だより2014
おいしさ満開 春ごはん
温泉入浴券プレゼント/他
 このたび、社員からの提案で「笑ハハ塾」を始めることになった。人生に大切なのは楽しく笑って過ごすことということで、今後様々なことを企画していく。
 初年度はいわゆる終活。自分の人生を振り返って楽しく終わりのカタチを考えてみようというものだ。終活というと、「そんなん考えたくない」とか「今じゃなくても」という声を聞く。
 でも、終活というのは、何もお葬式やお墓のことばかりを考えるのではない。自分の人生を今よりもっと充実した楽しいものにしようと考えてもらう活動と考えたらどうだろう。
 実は、私も人生ノートを買ってきて、生まれてから今までのことを思い出しながら年表に書き出してみた。すると、この期間はほとんど進歩がないとか、新しいことにチャレンジしていない、守りに入っているなどいろんなことが見えてきた。もちろんいいことも頑張ったこともたくさんあったのだが、50年ってこんなものかとちょっとへこんでしまった。
 だから、これから立て直せばいいのだと思う。これからの自分の人生をもっともっと楽しく笑って過ごすために、どうしてもやっておきたいことは何か、人生の最後にどんな過ごし方をしたいかまで想像していくと、楽しくなって今という時間がとても貴重なものに思えてくる。そして、やりたいことを書き出して、いつまでにやろうかという新たな目標も生まれてくる。これが最後を考えるということなのかなと実感した。
 もちろん、葬儀やお墓のことまで考えておくことは、いざという時、残された者が迷わなくて済む。だがそんなものはつどつど変わって構わないと思う。大切なのは自分の限られた人生設計を楽しむこと、今をいとおしむことではないか。
 そんなわけで、第一回目は自分の人生を明るく振り返るワークショップを開催予定。この機会に一緒に新しい未来を作りませんか。P12を見てね。
 
 
makican
▲ページ最上部へ