元気になる情報誌 yomiっこ
yomiっこキャラクター ヨッピー
 
 
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
 
編集長のメッセージ 2014年12月号 - yomiっこ
yomiっこ 2014年12月号

とびっきりの笑顔が見たい!
Christmas Cake 2014
年末年始のお店選びに
冬グルメ
 話題になるだろうと思ったが、会場は立ち見も含めて満員で、一斉にカメラが向けられた先はお坊さん。奈良で行われた「美坊主ファッションショー」は報道のみならずネット上でも大反響だった。
 来年、弘法大師空海の高野山開創1200年を迎えることをPRするため、高野山真言宗青年教師会が、10月31日から11月2日まで、奈良市ならまちセンターで「こうやさんフェスタ in 奈良」を開催。ファッションショーはその中の一つだ。
 全国から選ばれた「美坊主」が、3日間、毎日10人ずつ衣を着て登場。さっそうとモデルウオークをする横で、司会のお坊さんが、それぞれの衣の意味を紹介する。さらに決めポーズのお坊さんにインタビュー。モデル以上に司会も慣れたもので、軽妙な会話のやりとりで会場を沸かせていた。
 ショーが終われば撮影会。お気に入りのイケメンと写真を撮る女性でステージはいっぱいになった。yomiっこの「数珠つなぎ」に登場していただいたお坊さんも何人か入っていた。
 軽いなあと思う方もおられるかもしれないが、当のお坊さんたちは真剣に取り組んでいた。「ちゃんと見せたい」からと、モデルウオークの指導を事前に受け、来られなかった人はビデオを見て練習する熱の入れよう。いい加減でないから見ごたえもあり、今回注目されたのだと思う。
 宗教離れが進み、檀家制度すら危うくなりそうな昨今、いかに仏教や寺院に関心を持ってもらうか、常に考えているようだ。今回のフェスタも、写経や写仏、めいそう瞑想、生け花などの体験から紙芝居やゆるキャラショーまで様々に用意し楽しんでもらえる工夫をしていた。
 yomiっこの「数珠つなぎ」も、若い僧侶の皆さんを応援する意図がある。だからこそ、若い僧侶の皆さんには、ぜひ今回のようにどんどん出て行ってもらいたいし、明るく夢を語ってほしい。仏様の代弁者として「大丈夫、がんばろう」と皆に声をかけてほしい。これからも応援しますね。
 
 
makican
▲ページ最上部へ