元気になる情報誌 yomiっこ
yomiっこキャラクター ヨッピー
 
 
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
 
編集長のメッセージ 2016年1月号 - yomiっこ
yomiっこ 2016年1月号

初詣ガイド 2016 丙申
日本の冬のおやつ代表
ぜんざい
冷たい!!
氷のような手足のあなたは
末端冷え性
「天の原 ふりさけみれば春日なる 三笠の山にいでし月かも」―有名な阿倍仲麻呂の句だ。奈良には素敵な場所や風景がたくさんあるが、三笠の山に月があがった様は本当に美しい。 三笠山は春日大社のご神山だが、皆さんは三笠山がどの山かご存じだろうか。秋のある日、飛火野を歩いていたら「神山御蓋山展望地」という碑が立っていた。若草山の右手前に一つ、こんもりした山がある。それが御蓋山=三笠山だと示してあった。その後方に広がるのが春日山。碑の後ろにベンチがあって、座って眺めるとまさに御蓋山が正面に見える絶景ポイントだ。
 三笠山、若草山に春日山。同じ場所に連なっているのでまちがえやすい。三笠山と御蓋山がなぜ漢字が違うのか、春日大社の花山院弘匡宮司にお尋ねしてみると、それらにまつわる山の変遷の話を伺うことができた。 日本語はそもそも発音が先で、そこへ漢字を当て表記した。なので御蓋山とも三笠山とも当てられたと。今の若草山は平安時代の歌に初めて枕詞として若草山と出てくる。それが室町時代の多聞院日記には山が三重に連なっていることから「つづらお山」として登場。日記後半には若草山と書かれるようになった。
 ところが江戸時代後期の観光案内に若草山の三重の形から知らない人が間違って若草山を三笠山と書いてしまった。その後「南都八景」の一つ、「三笠山雪」を若草山の雪景色とした。この頃から間違いが固定化し、俗名となった。つまり御蓋山(三笠山)と三笠山が2つあることになった。
 それが覆されるのが、昭和10年、三笠宮家が春日大社の三笠山から名前をお取りになられたことで、本来の御蓋山(三笠山)と若草山との正しい区別が再確立したとのこと。また噂として、宮家の名前の山を踏むわけにはいかないから若草山としたという、まことしやかな話も立ったそうだ。
 奈良時代からそのように歴史の中で変遷を遂げてきたのだと思うと、実に感慨深く眺めることができる。
 本年は新しくなった神殿に神様がお還りになられる。世界のあらゆる紛争や社会の問題が少しでも減りますようにと手を合わせたい。
 
 
makican
▲ページ最上部へ