元気になる情報誌 yomiっこ
yomiっこキャラクター ヨッピー
 
 
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
 
編集長のメッセージ 2018年2月号 - yomiっこ
yomiっこ 2018年2月号

寒い冬にあったまろう うどん特集
SHOP一覧へ
レッツ♪トライ! スクール特集
SHOP一覧へ
梅だより2018
SHOP一覧へ
 お正月に中学校の同窓会があった。久しぶりすぎて、会って誰だかわからない人ばかりだったらどうしよう、ウン十年も経つとそんな心配がある。でも会うと皆昔の面影が残っていて、長い年月の溝はなくなった。
 私の出身は岡山県倉敷市児島。今はジーンズの町で有名だが、瀬戸内海に太陽がキラキラ輝く、本当に美しいところだ。
 今回以前の同窓会と違ったのはSNSのLINEの登場だ。半年程前から同窓会のLINEグループで、幹事が当時の写真をアップしたり同窓会参加を積極的に呼び掛けたりしてくれた。
 そして当日。3人しか先生は来られなかったが、当時は3人とも20代だったらしく、今だから言えるいろんな思い出を話してくれた。
 定年を迎えられた先生それぞれが、我々の担任だった時が、「教師生活で最も楽しかった」との感想が何よりうれしかった。
 その中で中学1年を担任してくれたM先生は、私がお願いして交換日記をしていた。というより私が一方的に書いて先生にコメントを頂く。小学生の頃は皆が先生に日記を提出し、先生がコメントを書いてくれていた。中学になって非常に不安だった私は先生に小学校同様に日記を読んでほしいとお願いした。
 先生は忙しい合間を縫って熱心にコメントを書いてくれ、自信のない私を認め、励まし力づけてくれた。そのお陰で今の私があると思っている。
 中学2年、3年と担任だったS先生は、今では到底認められないと思うが、授業中に山へ登ろうと言い出して山登りをしたり、夏休みにはクラスの皆を瀬戸内の島に海水浴に連れていってくれたりした。同窓会の時も話題になるのはその話である。そんな素敵な思い出を作ってくれた先生方には感謝の気持ちばかりだ。
 終わって家に戻ってからさらに感動が待っていた。皆にお土産に渡されたDVDに、中学のアルバム写真や学校周辺、瀬戸内海など地域の風景写真がいっぱい。この中学に入る3校の出身小学校の写真まで入っていて、幹事渾身の作だった。県外に出ていった人たちのために、故郷児島の素晴らしさを収めてくれた幹事の皆さん本当にありがとう。今の子どもたちは、今の先生たちはどうなのだろう。お互いに振り返った時に語れるような大切な思い出が作れますように。
 
 
makican
▲ページ最上部へ